申請承認機能

  • 申請可能な項目

    申請承認機能には以下の5種類があります。

    1.スケジュール申請(休暇申請含む)
    2.打刻申請
    3.残業申請
    4.勤怠確認申請
    5.従業員登録申請

    また、補助項目機能を使用することで、お客様が任意で作成した項目(たとえば交通費や各種手当など)を追加することもできます。
    管理者側は、申請された内容を承認または棄却するだけです。

  • 申請・承認の内容を
    細かく設定できる

    たとえば、申請や承認のフローを3段階まで設定する、または申請する際には理由を入力しなければ申請できないようにする、承認者からもコメントを送ることができるようにする、申請・承認・棄却などがあった際に内容を管理者にメールで送るようにするなど、会社のルールに合わせて多彩な設定が可能です。

  • 活用事例

    ・今までタイムカードを集計するまで勤務状況が分からないことが多くありましたが、現在は余裕を持って管理することができています。