アラート機能

  • アラート表示の例

    ・残業時間が月20時間を超えた
    ・遅刻回数が5回を超えた
    ・残業時間が月30時間を超え、休日出勤日数が3日を超えた

    設定した条件に合致する働き方をしている従業員、または合致していない従業員など、それぞれ色を付けて表示が可能です。
    たとえばアラートの条件を厳しく設定しておくことにより、必要以上の残業を早期から把握・指導することができます。

  • エラーの一覧表示、
    メールでの通知機能

    打刻に不備がある、または休日に出勤しているなど、エラーにより勤怠時間が正しく計算されない内容を、一覧で表示することができます。
    また、随時データは更新されていますので、日ごとや週ごとなどで確認を進めることも可能です。
    従業員や管理者に対して、エラーとなっている旨をメールで送ることができます。

  • 導入事例

    ・店長が従業員の残業時間を正しく把握することで、配置換えや作業内容の変更など効率化ができました。アラート表示で1時間以上残業している従業員を表示する機能は効果的で良いと思います。
    ・全店の比較はもちろん、その時間の勤務状況をすぐに把握できたことにより、働き方を変えるよう呼びかけることができました。残業時間は昨年に比べて10%以上削減できました。