導入イメージ

セコムあんしん勤怠管理サービス
KING OF TIME Editionで解決!

導入前の課題
  • 事務所に出勤する場合は、タイムカードを打刻しますが、現場に直行する場合は、手書きの日報で管理をしていました。
  • 直行直帰や同日に複数の現場で業務を行った場合、どこで業務をしていたか等の現場の勤怠状況の把握が大変でした。
  • タイムカードと手書きの日報の集計を手作業で行っていたため、毎月の集計に時間がかかっていました。
  • 手書きの日報の場合、月末にまとめて記入する社員も多く、記憶違いや申告漏れが発生してしまう可能性が高い状態でした。
導入後の効果
  • 外にいても各個人のスマホから打刻できるため、手間も少なく、正確な出勤と退勤の時間を記録することができます。
  • スマホやガラケーでどこからでも打刻ができるため、正確な勤務時間を把握できます。また、GPSで位置情報を把握するため、信憑性の高い勤怠情報を記録することができます。
  • 自動で集計してくれるため、毎月の集計作業が楽になりました。
  • 現場で随時打刻するので、勤務時間記憶間違いや申告漏れ等が無くなりました。

各部署の導入後の効果

本社事務員
本社にいながら、リアルタイムに現場の勤怠状況を把握することが可能になりました
様々な現場で勤務する従業員の勤怠状況を、本社にいながらリアルタイムで確認することができるようになりました。また、打刻忘れの場合でも、リアルタイムでチェックができるため、余裕を持って現場に確認をすることができるようになりました。
現場監督
手持ちのタブレットなどで、現場にいる従業員の勤怠管理を一括管理!
各従業員の労働時間をリアルタイムで確認ができるため、長時間労働の発生を防ぐことができます。
従業員
現場で自分のスマホから、簡単に勤務時間を打刻可能に!
現場が頻繁に異なる場合でも、スマホから打刻できるため、正確な勤務時間が記録できるようになりました。

30日間無料お試しのお申し込み、
お問い合わせ・資料請求はこちら