SSLサーバー証明書とは

なぜ証明書が必要なの?

インターネットではさまざまな情報が流れています。
その中には住所や電話番号など「個人情報」も含まれています。

閲覧されるお客様の不安を取り除くための対策の1つが、SSLサーバー証明書 です。

お客様の不安解決その1 SSLで情報を暗号化することにより、データの盗聴、改ざん、なりすましを防ぎます。 お客様の不安解決その2 認証を受けた本物のサイトであることを、セコムの赤い6角形のマークでお客様へ証明します。 SSLで情報を暗号化通信で、データの盗聴、改ざん、なりすましを防ぎます 本物のサイトである事を、セコムの赤い六角形マークでお客様へ証明

ネットビジネスの必要条件となっている、“情報の暗号化“と“サイトの実在証明“をSSLサーバー証明書で実現します。

SSLでWebサイトに送る情報は暗号化され、盗聴、改ざん、なりすましを防ぎます

インターネット上での会員登録やショッピングのためにお客様はクレジット番号や個人情報を登録しますが、お客様にとってインターネット上で個人情報を入力することはとても不安です。
セキュリティ対策がされていないインターネット上での情報のやり取りは、はがきの郵送のように、書いた情報がそのまま送られますので、悪意のある第三者が盗み見ようと思えばその情報を簡単に見ることができます。
万が一、クレジットの番号が盗まれて誰かに不正に使われてしまったら…

暗号化通信で解決

入力した情報を暗号化してやり取りできるようにしているのがSSLという仕組みです。
サーバー証明書を導入することで、SSLという仕組みを利用できます。
SSLで情報を暗号化することにより、データの盗聴、改ざん、なりすましを防ぐことができます。

暗号化通信でデータの盗聴・改ざん・なりすましを防ぎます。

SSLを使っているサイトでは アドレスバーのURLが https:// から始まります。
また、ブラウザに鍵マークが表示されます。

セコムの赤い6角形のマークで、実在する組織のサイトであることをお客様へ証明

ダイレクトメールなどでショッピングやお得な情報のお知らせがあり、そのお知らせを見て記載されていたサイトへアクセス。そこはそっくりに作られた偽物のページ。
悪意のある第三者に誘導されて知らないうちに偽物のページで個人情報やパスワードを登録してしまった。
偽物のページへ知らないうちに誘導させて個人情報を登録させる、これがフィッシング詐欺です。
このサイトが本物なのか、どうやって見分ければよいのでしょうか?

フィッシング詐欺の一例。1.実在する企業をかたった偽メールを送信→2.偽メールの中のリンクをクリック→3.ここで入力した個人情報が偽サイトへ送信された。

実在証明で解決

サイトを運営している組織を証明する証明書が、「実在証明書」です。
信頼された認証局が審査を行い、実在性を証明されたサイトにのみ発行が許可されます。

セコムで発行するサーバー証明書は、実在証明書です。
実在している組織かどうか、その組織が運営しているサイトであるかどうかを審査した上で、サーバー証明書を発行します。
また、組織認証した証として、赤い6角形のマーク「セコムWEBステッカー」をご利用いただけます。

セコムWEBステッカーをサイト上に貼ることにより、ウェブサイトを閲覧される利用者に本物サイトであることを証明することができます。

セコムの「サイトの実在証明」と「情報の暗号化」で安心

SSLサーバー証明書の種類

SSLサーバー証明書は、主に3種類あります。

  確認内容 実在審査 信頼性 費用 セコムトラストシステムズの提供サービス
EV認証証明書
(EV)※
企業認証に加え、全世界で共通の認証基準を厳格に満たしているかどうか あり ◎+
企業認証証明書
(OV)※
ドメイン認証に加え、サイトを運営している企業が実在しているかどうか あり
ドメイン認証証明書
(DV)※
レジストラにドメイン登録されているか なし 該当サービス無し

※EV⇒Extended Validation、OV⇒Organization Validation、DV⇒Domain Validated

セコムパスポート for Web シリーズではサーバー証明書を購入されるお客様はもちろんのこと、 利用者にも安心いただけるよう、組織の実在性を確認した実在証明書のみを提供しています。

▲  このページのトップに戻る  ▲


Copyright (C) 2017 SECOM Trust Systems CO., LTD. All Rights Reserved.