担当者変更/再発行/解約について

担当者変更

サービスを利用中に担当者が変更になった場合は、更新案内や請求のお知らせなど、弊社からのお知らせが届くよう、お客様専用管理画面から担当者変更申請を行ってください。

  • 担当者変更申請で変更ができる情報
    登録担当者情報 / 技術担当者情報 / 事務担当者情報(請求書送付先)
  • 変更可能な項目
    担当者氏名 / 電話番号 / 住所 / メールアドレス / 部署名 / 法人名(※)

    ※ 登録担当者情報の法人名は、契約先の変更となりますので、担当者変更申請で変更することはできません。登録担当者情報の法人名が変更になる場合は、弊社までお問い合わせください。

ワンタイムパスワード送付先の変更

お客様専用管理画面へログインするためのパスワード送付先、メールアドレスが登録されています。
ワンタイムパスワードの送付先を変更する場合は、お客様専用管理画面から変更していただきます。


ワンタイムパスワード送付先は担当者変更とは異なり、“アカウント情報登録”の変更になりますので、ご注意ください。

再発行申請

鍵ファイルの紛失やサーバーの故障などで再度新しい証明書が必要な場合や、証明書情報が変更(FQDNの変更など)になる場合、無償で証明書を再発行することができます。

CSRを再生成し、お客様専用管理画面から再発行申請を行ってください。

受付期間および回数制限について

ご利用のサービスによって、再発行の受付期間や回数制限が異なりますのでご注意ください。

  • セコムパスポート for Web SR 3.0[期間固定タイプ 6か月/1年/2年]/EV2.0
    発行から25日以内に一度限り再発行ができます。

    ※期間を経過しての発行、もしくは2度目の発行は新規申請となります。

  • セコムパスポート for Web SR 3.0[自動契約更新タイプ]
    再発行の期間や回数に制限はありません。FQDNを変更しての再発行も受付けています。

    ※書類提出が必要な場合もあります。

利用中の証明書失効期間について

再発行を行うために利用中の証明書を失効する期限を選択いただきます。発行手続きが完了した後に変更することはできませんので、お間違いないようご注意ください。

  • 後日失効
    証明書の入れ替えする期間を考慮し、証明書を再発行した日から2週間後に前証明書が失効されます。
  • 即日失効
    証明書の失効と再発行が同時に行われます。

※秘密鍵を紛失した場合、発行している証明書が利用できない場合には即日失効を選択してください。

失効申請(解約申請)

証明書が不要になった場合、お客様専用管理画面から失効(解約)の申請をしてください。

  • 期間固定タイプ 6か月/1年/2年 の場合
    失効解約申請を受理した時点で、手続きが完了し証明書が失効されます。
    証明書失効後に証明書を利用することはできません。
  • 自動契約更新タイプの場合
    証明書が不要になった場合、解約兼証明書失効申請(以下 解約申請)をしていただきます。
    解約申請を受理しますと、翌年度からの請求はありません。

利用中の証明書の失効について

利用中の証明書の解約/失効のタイミングは、選択することができます。

  • 契約満期をもって解約
    解約申請の受理後、契約の満期をもって解約および証明書を失効します。
  • 途中解約
    解約申請を受理した時点で、解約が完了し証明書を失効します。

途中解約の場合、解約後は失効されるので証明書は使用できません。


申請受理後に証明書を利用することはできません。

▲  このページのトップに戻る  ▲