セコムパスポート for Web EV2.0

ハッシュ関数アルゴリズムsha-256に対応した、次世代標準のサーバー証明書ウェブサイトの安全性を緑色のアドレスバーで利用者にアピール。

特長

  • 安心のブランド「セコムWebステッカー」と実在証明
    セコムWebステッカーによるウェブサイトの実在証明により、なりすましではなく、実在する組織によって運営していることを利用者にアピールすることができます。通信販売、アンケート、機密情報の交換など、さまざまなシーンでその有用性を発揮し、ネットビジネスのチャンスをより一層拡大します。昨今問題となっているフィッシング詐欺対策としても有効です。
  • 国内初の国際基準WebTrust認定を取得したセコムルート証明書
    セコムトラストシステムズは、国内企業で初めて国際基準の「WebTrust認定」を取得。信頼性の高い国内ルート証明書を使用しております。

    ⇒セコムルート証明書
  • 256ビットでSSL暗号化
    ウェブサイトを閲覧される利用者とサーバーとの通信経路をSSL暗号化します。これにより第三者の盗聴から通信データーを守り、個人情報の漏洩を防ぎます。
    ※ご利用のクライアントとサーバーにしたがった鍵長が使用されます。
  • 万全のサポート
    専用のお問合せ窓口にて、初歩的なものから高度なものまで、お客様の「疑問」や「困った」に丁寧に対応いたします。
  • ハッシュ関数アルゴリズム SHA-2(※)対応
    情報が改ざんされていないことを検証するために用いられるアルゴリズムにおいて、SHA-256のより強度なアルゴリズムを利用した証明書を発行します。
    ※「SHA-2」とは、SHA-224、SHA-256、SHA-384、SHA-512 の4つをまとめた総称です。EV2.0サービスは、SHA-256での対応となります。(EVサービスは、SHA-1対応です)

安全性をよりアピールした証明書

EV SSL証明書を導入しているウェブサイトはアドレスバーが緑色で表示
フィッシング等の危険なウェブサイトはアドレスバーを赤色で表示

EV SSL証明書対応ブラウザでアクセスすると、アドレスバーが緑色に変化!
通常のサーバー証明書では、https://でアクセスしてもアドレスバーの色は白色のままで何も変化しませんが、EV SSL証明書を利用した場合は安全なウェブサイトとして、アドレスバーが緑色に変化します。

危険なサイトはアドレスバーが赤色に変化
https://でアクセスしたとき、「失効されている」「有効期限が切れている」「WebサイトのURLと一致していない」疑わしいサイトの場合には、危険なサイトとして、アドレスバーが赤色に変化します。

識別情報の表示で運営組織を確認! フィッシング対策に有効

証明書の組織情報

これまではブラウザの鍵マークをクリックしなければ確認できなかった「サーバー証明書に記載されている組織名」がアドレスバーの横に表示されます。実在証明書としてより一層安全性をアピールすることができます。

※アドレスバーが変色する仕組みに対応したブラウザ
・Microsoft INternet Explorer 7 以上
・Google Chrome 1.0.154.46 以上
・Opera 9.5 以上
 (Windows/Mac OS X/Linux/FreeBSD/Solaris/BeOS)
・Mac Safari(Mac OS 10.5.7 以上)
・Firefox 3.5.4 以上

EV SSLサーバー証明書は、業界統一基準に従った高水準な証明書

EV SSL(Extended Validation SSL)証明書とは、フィッシング詐欺や身元詐欺・成りすましなどの悪質なネット犯罪が急増する中、健全なネットビジネス発展のため、世界の主要な電子認証局とブラウザベンダによって設立したCAブラウザフォーラムが策定した認証、発行、保守について要求される運用基準に基づいた証明書です。

セコムトラストシステムズは、日本の企業唯一のCAブラウザフォーラム正会員

セコムトラストシステムズは、日本の企業で唯一、CAブラウザフォーラムに正会員として参加しています。
CAブラウザフォーラムホームページはこちら(http://www.cabforum.org/

WebTrust for EV について
「WebTrust for EV」 とは、米国公認会計士協会(AICPA)とカナダ勅許会計士協会(CICA)によって、認証局の信頼性、及び、電子商取引の安全性等に関する内部統制について策定された基準及びその基準に対する認定制度です。マイクロソフト社のInternet Explorer に「信頼されたルート証明機関」として登録されるためには、「WebTrust for EV」に基づく認定を取得する事が条件の一つです。

FQDNライセンス単位だから、負荷分散方式Webサーバー構成でも追加料金不要!

EVの場合の負荷分散方式説明図

負荷分散のため複数のサーバーを利用している場合でも、同一FQDNであれば負荷分散分のライセンス料金は不要です。複数のサーバーがある場合でも、コストを抑えて証明書をご利用いただけます。
(バックアップファイルからインストールができる場合に限ります。)

年間:¥675,000 → 年間:¥135,000
80%コスト削減

5枚以上の取得の場合はぜひクーポン購入を
別FQDNで複数のサイトをお持ちであり、5枚以上購入をご検討のお客様へはさらにお得な割引もございます。

価格

期間/サービス料金(税込)
契約期間固定タイプ(新規) 1年 135,000円(税込145,800円)
契約期間固定タイプ(新規) 2年 250,000円(税込270,000円)
契約期間固定タイプ(更新) 1年 130,000円(税込140,400円)
契約期間固定タイプ(更新) 2年 245,000円(税込264,600円)

サポート対象機器

導入から運営開始まで

導入から運営開始まで

お申込み手続きのガイド
お申込みはウェブ上で完了します。

テスト証明書をご希望の方
証明書のインストール作業が不安なお客様へは、テスト証明書もご用意できます。

▲  このページのトップに戻る  ▲


Copyright (C) 2017 SECOM Trust Systems CO., LTD. All Rights Reserved.