コストダウン

作業を自動化することによりコストダウンを実現

勤怠管理にかかる時間やコストを減らすなら、セコムあんしん勤怠管理サービス KING OF TIME Editionがおすすめです。
細かい設定や高い機能を効率的に利用することで、タイムカードの手動入力や計算までの手数を大幅に減らすことができます。
また、作業がシンプルになることで、給与の計算ミスを未然に防ぐことが可能になります。
毎月の作業ストレスを減らし、また、タイムカードの準備や保管といった悩みを解決。多くのお客様から「作業効率が格段に上がった」との言葉も頂戴しています。

コスト削減を目指すなら、
セコムあんしん勤怠管理サービス KING OF TIME Edition

勤怠管理システムを利用することで、コスト削減ができます。管理サーバーやVPNの設置は不要のクラウドシステム。
勤務状況がいつでも・どこからでも確認でき、給与計算ソフトへのデータ出力も簡単です。

年間運用コストの比較

3店舗で時給1,000円のアルバイト30名を雇用している会社の費用感の例

  • 初期費用
    タイムカードなどの
    備品購入にかかる費用
    セコムあんしん勤怠管理サービス KING OF TIME Edition

    タイムカード等の消耗品の購入の必要がない

    0
    ※打刻機器をご利用の場合は、購入費用のみ必要
    タイムカード

    タイムカードやインクリボンカートリッジを購入する必要がある

    5,250/2,500
  • 人件費
    事務作業にかかるコスト
    セコムあんしん勤怠管理サービス KING OF TIME Edition

    事務作業による集計や保管が必要ない他、
    集計間違いなどのヒューマンエラーもない

    0
    タイムカード

    集計やカード作成、保管などにかかるコストが必要

    180,000
  • 運送費
    各店舗から収集するための費用
    セコムあんしん勤怠管理サービス KING OF TIME Edition

    データで管理をするため、
    タイムカード収集にかかる経費が必要ない

    0
    タイムカード

    カードを収集する必要があるため、その際にかかる運送費が必要

    21,600
  • 不正打刻
    人為的ミスによる損失と事務負担
    セコムあんしん勤怠管理サービス KING OF TIME Edition

    不正打刻による担当者の確認や修正作業が必要ない

    0
    タイムカード

    不正打刻による企業の損失と、
    不正打刻の修正作業により事務負担がかかる

    576,000