セコム議事録電子化サービス

取締役会議事録をトータルで電子化する、
国内初のサービス

セコム議事録電子化サービスは、専用Webサイトにアップロードされた「議事録」に、取締役が電子署名することで議事録の承認手続きを効率化する国内初のクラウドサービスです。
会社法に準拠した電子化サービスであり、紙の議事録の保管が不要で、長期署名技術により、会社法で定められた10年以上の保管が可能です。また、議事録の承認だけでなく、役員変更や本店移転の際のオンライン登記申請にも対応しています。

取締役会議事録の流れ

議事録の作成から署名・チェック・保管まで全ての作業を電子化!

取締役会議事録の流れ 取締役会議事録の流れ

サービスの特長

取締役会議事録に関する手続きをトータルで電子化する、国内初のサービスです

point1 point1

社外取締役対応も迅速/紙不要で効率もアップ

取締役会議事録の電子化により、社外取締役の増員などで負担が増加している書類の持ち回り等に費やす時間と経費を大幅に削減します。紙の議事録の持ち回りが不要となり、情報漏洩対策としても有効です。電子署名は「当事者署名型」です。

point1 point1

セコムのデータセンターで安全に保管

電子化された議事録はセコムのデータセンターで厳重に保管されます。原本性が保証されるため紙の議事録を保管する必要はありません。会社法で定める10年以上の保管が可能です。

point1 point1

全ての手続きをトータルで電子化

専用USB+暗証コードで安心のリモート対応。電子署名に必要となる電子証明書を発行する認証局に加え、アプリケーション開発技術と、24時間365日のシステム監視体制をすべてセコムで提供します。オンライン登記申請にも対応。

複数の会議体が管理できます!

グループ企業、及び、複数の会議体の議事録管理が可能です。

ご利用ケース

会議体機能ご利用ケース 会議体機能ご利用ケース

グループ会社の兼任も可能

会議体機能イメージ
(兼任設定機能)

会議体機能イメージ 会議体機能イメージ
■ ユーザー区分と役割
ユーザー区分 役 割
会議体管理者 会議体、会議体ごとの管理者を設定、および利用者の兼任を設定
管理者 管理者自身が所属する会議体の議事録と利用者を管理
利用者 会議参加者。議事録の閲覧、議事録への署名を実施
認定タイムスタンプ

電子帳簿保存法等で求められる認定タイムスタンプを利用しています

認定タイムスタンプを利用しているサービス又は業務(一般財団法人日本データ通信協会)

30日間無料お試しはこちら 30日間無料お試しはこちら
お問い合わせ・資料請求

PAGE TOP