セコム安否確認サービスSCM(お客様の取引先向け)

事業継続計画(BCP)に欠かせない、災害時における取引先の被災状況をリアルタイムに把握

製造業を中心にサプライチェーンの構築が進展し、原材料の調達~製造・生産~流通・物流~販売に関する情報が管理され、それぞれの業界で効率化・緊密化が図られています。
従って、災害時には、自社の社員・家族だけではなく、取引先担当者の「安否」の確認が必須となっています。また、安否が確認された取引先担当者を通じて、工場等の被災状況(生産設備や在庫の状況、納品の可否)を迅速に把握し、それらの情報を基に、人の手配をはじめとした業務の正常化に向けた対応策を実施し、経営へのインパクトを最小限に食い止めることが必要です。
セコム安否確認サービスSCM(お客様の取引先向け)」は、大規模災害時等の事業継続(BCP)支援サービスとしてご利用いただけます。

サービスの特長

  • 取引先担当者の安否を速やかに確認
  • 取引先における被災状況を、第一報、第二報と、リアルタイムに表示
  • 追加報告が必要な取引先に対して、個別に指示することが可能
  • 被災状況のチェック項目は任意に設定可能、あらゆる業種・業態に柔軟に対応
  • 取引先担当者間で、情報共有可能な掲示板を標準装備
  • 管理者に代わり、取引先担当者に安否確認と被災状況確認のメールを代行送信することが可能
  • Web/電子メール/電話による情報収集に対応
  • 導入と管理の手間がかからない機能レンタルサービスなので、リーズナブルな月額費用で利用可能
  • 新型インフルエンザが発生した際の初動対応機能を提供  →詳細はこちら

提供価格

サービス利用料金
初期費用 加入料金 200,000円(税別)
月額利用料 基本料金 30,000円(税別)
利用者1名様ごとに 30円(税別)
状況報告対象組織1組織ごとに 20円(税別)
状況報告シート追加料金1枚追加ごとに 2,000円(税別)

▲  このページのトップに戻る  ▲