個人情報保護~セキュリティ対策は万全ですか?

2017年5月30日よりすべての事業者に個人情報保護法が適用されました。セキュリティ対策は万全ですか?

改正個人情報保護法の全面施行により、小規模取扱事業者にも同法の適用が開始されました

2017年5月30日から改正個人情報保護法が全面施行されました。

今回の全面施行で、影響が大きい変更点としては「小規模取扱事業者の適用除外の終了」があります。これにより、従来、適用外とされていた個人情報の取り扱い数が5000件以下の企業についても、個人情報を安全に管理するための措置を講じること等の義務を課せられるようになり、より厳格な個人情報の取り扱いを求められるようになりました。

インターネット上の脅威

インターネット上でも個人情報の登録が行われる場合は情報漏えいが起こらないよう、個人情報の取り扱いには慎重な対応が必要となります。

インターネット上の脅威としては、なりすまし盗聴改ざんなどがあります。
個人情報が漏えいした場合、クレジットカードを不正に使用されるなど、犯罪被害にあう可能性が高まります。
また、情報漏えいした企業にとっても社会的信用失墜や企業イメージのダウンに伴う経営上の損失、損害賠償など、大きな損失につながります。

インターネット上の脅威

閲覧者に安心してサイトを利用してもらうためには、サイト運営事業者として、個人情報の取り扱いにおいて適切な対応・管理を行っていることを、閲覧者に対してアピールする必要があります。

閲覧されるお客様の不安を取り除くための対策の一つが、SSLサーバー証明書です

お問い合わせフォームや買い物かごのページでは個人情報が入力されます。ここで重要となる対策の一つがSSL/TLSによる個人情報の暗号化です。個人情報を不正アクセスから守るために重要な対策です。

暗号化通信でデータの盗聴・改ざん・なりすましを防ぎます。

また、セコムのWEBステッカーにより個人情報入力をするページが安全なサイトであることをアピールすることで、ユーザーは安心して個人情報を入力することができます。


▲  このページのトップに戻る  ▲