文書整理支援コンサルティング

組織としてのルールや廃棄基準が不明確で、担当者任せになっていませんか?
一時的に文書廃棄をしたとしても、組織として共有管理ができていなければ再び文書は増えて行きます。文書整理マネジメントの導入により、継続的に文書整理を行なう仕組みを実現します。
紙の情報を整理し電子文書化を行えば、安全かつ迅速にほしい情報にアクセスできるようになり、業務効率化とコスト削減が実現できます。具体的な対策方法につきましては、是非お問い合わせ・ご相談ください。

オフィスでの文書整理の課題

執務環境の悪化

基準が明確になっていないため、文書が流れずにオフィスに残り、文書量が増える。

文書の私物化

文書の整理・保管方法が各個人の判断でなされ、担当者本人しか所在が分からない。

業務効率の悪化

基準が明確になっていないため、文書が流れずにオフィスに残り、文書量が増える。

情報の流出・機会の損失

文書の整理・保管方法が各個人の判断でなされ、担当者本人しか所在が分からない。

コンサルティングの流れ

コンサルティングの流れイメージ

「文書整理マネジメント」の導入前後の比較

「文書整理マネジメント」の導入前後の比較イメージ


▲  このページのトップに戻る  ▲