情報セキュリティリスク分析支援

事業継続の視点から、経営に大きな影響を及ぼす情報漏洩などのリスクに絞ってセキュリティ上の課題を洗い出し、課題解決のための対策プランを提示
  • 経営に大きな影響を与えるリスクを特定し、分析
  • 事業の特性や事業に与える影響に鑑みたプランを立案
  • 事業継続の視点から、取り組みが必要な課題を明らかにし、実効性のある対策プランを提示

「情報セキュリティリスク分析支援」は、事業継続を目的として情報セキュリティ対策をどこまで実施すべきかを、重要事業の特定、重要事業に影響を及ぼすリスクを特定することにより、コスト面、体制面から実行できる現実的な運用プランを立案提示するサービスです。

サービスのロードマップ

本サービスは、お客様からのヒアリングや提出いただいた関係書類をベースに5ステップで改善ロードマップを策定します。

サービスの流れ

詳細内容

リスク分析の視点

①事業継続リスクの特定

経営に大きな影響を与えるリスクを特定し、その対応に対策を絞る。

  • ●情報漏洩による信用失墜

  • ●人命・財産に直接影響するシステムの運用有無

  • ●システム停止による業績悪化
  • ●委託先要員の勤務者数

  • ●金銭的価値の高い知的財産の有無

②セキュリティ対策の対象事業の特定

重要事業を特定し、経営に影響を与える課題に絞って対策を提示する。

  • ●中核事業
  • ●新規事業
  • ●関連事業

③リスク分析

対策の導入状況だけでなく、セキュリティ運用(監視、チェック、管理、報告、対処等の仕組みとその運用実態)の状況を調査、分析する。

  • ●情報入口対策
  • ●ウイルス対策
  • ●情報漏洩対策

  • ●情報出口対策
  • ●メール対策
  • ●インシデント管理

報告書の内容

報告書の内容 重要事業の特定・事業継続リスク一覧・対象範囲・リスク分析書・改善ロードマップ

サービス提供実績

弊社は約300社のセキュリティコンサルティングや不正アクセス調査の豊富な経験を有しています。

サービス提供実績

▲  このページのトップに戻る  ▲