main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
ディジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)
ディジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)とは、2004年に提唱された、ICTの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させるという概念です。
英語では「trans」を「x」と略すため「DX」と略されます。

スウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授らが2004年に発表した論文の「デジタル・トランスフォーメーションとは、デジタル技術が、人間の生活のあらゆる面に引き起こし、影響を与えた変化であるととらえることができる。」の記述が元になっています。

2018年版情報通信白書においては、「ICTの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させるデジタル・トランスフォーメーション」が進みつつある時代にあると述べられています。

また、2018年12月に経済産業省から発表された「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」においては、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」と定義されています。

▲  このページのトップに戻る  ▲