main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
ワーム(Worm)
ワーム(Worm)とは、ネットワークを経由してシステムに侵入し、自己増殖する悪意のあるコードです。
コンピュータウイルスが第三者の力を借りて感染して増殖することから、ワームとは厳密に区別されます。しかし、ワームは、コンピュータウイルスと同様に、システムの脆弱箇所を狙って侵入し、被害が拡大していきます。このため、ワーム型ウイルスと呼ばれることがあります。

ワームにマシンが感染すると、直ぐにワームはネットワークを使って次の感染対象を調べます。ワームに感染したマシンがネットワークに接続されていると、ネットワークの負荷(トラフィック)が急増し、CPUの処理能力やメモリの消費量が高くなります。ワームに対する予防措置としては、PC自身を守るために行うウイルス対策ソフトウエアの導入の他に、ファイアウォールを使って予防することができます。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲