main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
ウォードライビング(War Driving)
ウォードライビング(War Driving)とは、街を車で巡回し、無線LANのアクセスポイントを捜し回るハッキング行為のことです。
無線LANは電波を使って通信を行っているため、指向性が強く感度の良いアンテナを使用すれば、ビルに面した道路からでも十分にビル内のデータを拾える可能性があります。

このため、ノートパソコン等を車に載せて、オフィス街を走り回ることにより、セキュリティ面において十分に保護されていない無線LANのアクセスポイントを探し出し、ネットワークに侵入する攻撃手法がウォードライビングです。

このようなアクセスポイントの不正利用や盗聴に対処するためには、暗号化方式や認証方式の導入が重要です。

また、無線LANのネットワークを識別する「SSID(Service Set Identifier)」や「ESSID (Extended Service Set Identifier)」については、攻撃から守る意味でも、使用者や使用場所が特定できないように設定します。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲