main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
TLS(Transport Layer Security)
TLS(Transport Layer Security)とは、通信内容を暗号化するためのプロトコルの一つで、SSLの後継規格のことです。
TLSは、SSLプロトコルの開発をNetscape Communications社から引き継いだIETFのTLSワーキンググループによって規定され、RFC2246として標準化されました。

TLSは、電子証明書を使用して、認証サーバとサプリカント (クライアント)相互に認証するしくみが備わっており、安全に相手に対してセッション鍵を配ることができます。Windowsでサポートしていることもあり、特に無線LANで注目されたプロトコルです。

しかし、TLS方式ではクライアント認証にもデジタル証明書を使用するため、各クライアントに証明書を配るという手間・コストが発生します。そこで、クライアント側の認証にはユーザとパスワードを使用するTTLS方式が生まれました。TTLS方式では、まず認証サーバを電子証明書で認証した後、同じTLSセッション上で、ユーザとパスワードによりサプリカントを認証します。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲