main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
ステートフルインスペクション(Stateful Inspection)
ステートフルインスペクション(Stateful Inspection)とは、パケットの情報を内容までチェックして、自動的にフィルタリングを行うことです。
ダイナミックパケットフィルタリングが、ヘッダ情報をチェックするのに対して、アプリケーション層のデータまでチェックするため、きめ細かいネットワークのアクセス制御が可能となります。例えば、TCPを利用したアプリケーションでは、通信の接続状態をヘッダ情報として持っていますが、UDPを利用したアプリケーションでは持っていません。このため、ダイナミックパケットフィルタリングでは、TCPのみ監視、制御できますが、ステートフルインスペクションではTCP、UPDに対しても監視、制御することができます。

セキュリティ対策としては、外部ネットワークからパケットのヘッダ情報を偽装した制御に効果を発揮します。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲