main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
SSID(Service Set Identifier)
SSID(Service Set Identifier)とは、無線LANネットワークをグループに分けて識別するためのIDのことです。
IEEE 802.11規格を使用している無線LANで、接続するネットワークを識別するためのIDで、英数32文字までの範囲で設定できます。

無線LANでは、電波を使用して通信するので複数のネットワークに接続することができます。そこで、無線LANのアクセスポイントにSSIDを設定しておき、このアクセスポイントに接続するコンピュータにも同じSSIDを設定することで、通信が可能になります。

しかし、アクセスポイントはSSIDを常に発信しており、自由に参照することができます。このため、SSIDに企業や個人が特定できるような値を設定するのはさけた方がよいでしょう。

また、SSIDには特別な値として「ANY」があります。これは、SSIDの設定にかかわらず、どのアクセスポイントにも接続することができます。

現在は「SSIDを隠す」といったSSIDの発信を停止する機能や「ANY接続は拒否する」といったセキュリティを考慮したアクセスポイントも存在しています。

SSIDはあくまでも無線LANのグループ分け機能ので、セキュリティとしては貧弱です。このため、セキュリティを確保するためには、WEPやWPAといった暗号化機能を利用する必要があります。
SSIDはESSIDやネットワーク名などと解説されている場合もあります。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲