main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
スパイウェア(Spyware)
スパイウェア(Spyware)とは、利用者の許可なく外部に情報を送信するプログラムです。
スパイウェアは、オンラインソフトやフリーソフトウェアに付属してインストールされるものやウイルス感染の際にインストールされるものなどさまざまな種類があります。大手企業が配布する一般的なソフトウェアに利用者の個人情報や利用履歴などを送信する機能がついていたために、スパイウェアと呼ばれたこともあります。また、企業が従業員のPCやネットの利用状況を把握するためにあらかじめ従業員のPCにインストールするスパイウェアの機能をもつ商用のソフトもあります。

スパイウェアは、利用者の情報を外部に送信します。利用者の知らない間に情報が漏えいするので、セキュリティ上好ましくありません。

スパイウェアは、プログラムとして常駐しますが、利用者に駆除されにくい形でインストールされています。このため、不用意にファイルを消すと他のアプリケーションが動かなくなることも起こります。ウイルスと異なって、他のシステムに感染しません。スパイウェアを予防、駆除するには、スパイウェア対策ソフトウェアが有効です。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲