main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
スプーフ(Spoof)
スプーフ(Spoof)とは、他人になりすまして人を欺くように攻撃することです。
スプーフという行為は、ネットワーク上で他人のユーザーIDやパスワードを盗用し、その人のふりをして行動することです。スプーフを用いて攻撃することをスプーフィングといいます。

スプーフは、本来ならば特定の個人しか見ることができない機密情報を盗み出したり、悪事を働いてその人のせいにしたりすることを目的としています。

なりすましには次のようなものがありあます。

・IPスプーフィング−送信元のIPアドレスを他のホスト(コンピュータ)にして、そのホストからデータが送信されたように見せかける

DNSスプーフィング−DNSの名前とIPアドレスの対応関係を定義するデータベースを書き換えて他人になりすます

・Mailスプーフィング−他人になりすましてその人のメールボックスからメールを読んでしまう
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲