main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
初動対応(Initial Response)
初動対応(Initial Response)とは、災害や事故の発生時における最初の対応で、適切に行わなければ後の復旧に多大な影響を与えることになる重要なポイントです。
緊急事態発生時の初動対応は、緊急事態の内容によって異なりますが、一般的には「避難」「消火」「通報」「(勤務先などへの)連絡」などを指します。いずれにおいても身の安全を守ることが最優先されます。一方、情報システムの事故においては、一般的に生命の危険にさらされる場合が少ないため、「被害拡大の抑止」が優先されます。具体的には、コンピュータウイルスの感染拡大を防ぐために、感染したパソコンやサーバをネットワークから切り離したり、停止したりします。しかし、この場合に注意しなければいけないのは、切り離しや停止によってもたらされる影響です。例えば、該当のパソコンやサーバをネットワークから切り離すことで、他のシステムが正常に動作しなくなったり、顧客へ提供するサービスが低下したりする可能性があるかどうかをあらかじめ把握しておく必要があります。その上で、可能な限り周りへの影響が少なく、且つ被害を最低限に抑えられる対応を行うことが求められます。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲