main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
共有ファイル(Sharing File)
共有ファイル(Sharing File)とは、ファイル共有機能を使い、複数のコンピュータから参照できるようになっているファイルのことです。
LANの環境では、OSのファイル共有機能により複数のコンピュータから表示したり、コピーできるようになっているファイル自体のことを共有ファイルと呼びます。
通常、ファイル共有はフォルダごとに設定するので、共有されているフォルダに入っているファイルはすべて共有ファイルとして参照やコピーすることができるようになります。
このため、LAN接続しているコンピュータでファイル共有機能を利用するときは、どのフォルダを共有するか注意が必要です。不用意にフォルダを共有してしまうと、LAN接続している誰でもが共有ファイルをコピーできるようになってしまいます。
また、WindowsNTや2000、XP、UNIXなどでは、フォルダや個別のファイルに対してアクセス権を設定し、共有ファイルにアクセスできるユーザを制限することもできます。
インターネットでは、WinnyWinMXなど、ファイル共有を目的としたアプリケーションがあり、それぞれのソフトウェア上で共有するフォルダを設定できるようになっており、このフォルダに保存されているファイルはすべて共有ファイルとしてインターネット側からアクセスできるようになります。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲