main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
RPC(Remote Procedure Call)
RPC(Remote Procedure Call)とは、遠隔手続き呼び出しとも訳され、ネットワーク上の異なるコンピュータ間(または1台のコンピュータの内部)で、稼働するプログラム同士で通信をするために使用するプログラムのことです。
RPCはサン・マイクロシステムズが開発し、UNIXやWindows OSで使用されています。
物理的に分散されたシステムを構築するには、複数のコンピュータで稼動するプログラム間や、プログラム内で実装されているプログラム(プロセス)が通信する必要性があり、その際にはRPCを利用してアクセスを実現します。

RPCは、あたかも1つのプログラム内で通信要求をしているかのように実装され、異なるコンピュータ間のプログラムを呼び出して通信することを可能にします。RPCによって、ユーザーはプログラムの設置場所を気にすることなく利用できます。

▲  このページのトップに戻る  ▲