main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
著作権(Rights of Authors)
著作権(Rights of Authors)とは、著作物に発生する権利のことです。
著作権法上、著作物とは、「個人の思想や感情を創作的に表現したものであって、文学、学術、美術、又は音楽の範囲に属するもの」と定義されています。

この定義からすると、個人の思想や感情の単純な表現だけでは著作物としては認められず、創作性や芸術、学問で認められるような独創性や高度の表現であることが求められます。また、著作物として認められるには 表現されることが必要であり、単に個人の頭の中にあるだけでは認められません。逆にいうと、著作権は表現されることで自動的に発生する権利であり、特許権等のように届け出る必要はありません。

著作権には大きく、著作者人格権と著作財産権に分類されます。著作者人格権とは、著作者だけに発生する権利で、著作者の人格を守ることを目的としています。よって、著作者人格権の譲渡や相続はできません。著作者人格権には、作品を公表するか否か、いつ公表するのか、等、作品を公表する権利である公表権や著作者の氏名を公表するか否か、実名かペンネームか、等を決定できる氏名表示権、著作物の内容やタイトルが作者の了解無くして変更されることを認めない同一性保持権があります。

一方、著作財産権とは著作物の利用に関する権利であり、この利用によって金銭的利益がもたらされます。これには、複製権や上演権、演奏権、上映権、翻訳物等の二次的著作物の利用に関する権利等があります。著作財産権は譲渡可能です。

著作権の侵害が認められるには、その著作物が公表されていることを知っていることが必要であって、知らずに偶然にも同一の著作物を作成した場合には著作権の侵害とは認められません。

▲  このページのトップに戻る  ▲