main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
リバースプロキシ(Reverse Proxy)
リバースプロキシ(Reverse Proxy)とは、接続要求を特定のサーバの代理サーバとして受け取り、本来のサーバへアクセスを中継することです。
リバースとは、逆方向の意味で、社内ネットワークからの接続を中継するProxy Serverがフォワードであれば、インターネットからのアクセスを内部のサーバへ仲介することからリバースプロキシといわれています。

リバースプロキシを使用すると、サーバへの接続は全てリバースプロキシを経由するので、アクセス要求を本来のサーバが直接受けることがなくなるため、セキュリティが強化されます。

さらに、アクセスの多いコンテンツを、リバースプロキシのキャッシュ機能を利用することによってパフォーマンスを向上させることもできます。企業内ネットワークからインターネットのアクセスはProxy Server経由にして、外部から内部への接続はリバースプロキシで中継する経由とネットワークを構築するとセキュリティ向上につながります。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲