main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
リバースエンジニアリング(Reverse Engineering)
リバースエンジニアリング(Reverse Engineering)とは、完成しているソフトウェアやハードウェア製品を解析して、技術情報を入手することです。
すでに製品化されているソフトウェアやハードウェアを分解、解析などして、製品の目的、材質、構造、仕様などの技術情報を入手する行為をリバースエンジニアリングと呼びます。

ハードウェアの分野では同じ製品のコピーを作り出せるとともに、開発コストを極端なまでに下げることができます。ソフトウェアの分野では、逆アッセンブルなどをすることで、ソースコードレベルまで解析し、機能を実現するプログラムの仕組みを分析したり、脆弱性がないかを検証することができます。

例えば、ウイルスの解析に利用すれば、感染の仕組みや感染後の動作、感染経路などを特定できるので、そのウイルスに対するセキュリティ対策を立てることができます。自社製品の場合は、セキュリティホールがないかなどを検証する手段として利用できます。

しかし、他社製品をリバースエンジニアリングする場合、元製品の著作権や特許権を侵害する可能性が大きくなるので、その利用には細心の注意が必要です。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲