main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
ランサムウェア(Ransomware)
ランサムウェア(Ransomware)とは、マルウェアの一種でユーザに「身代金」を要求する不正プログラムのことです。
ランサムウェアに感染すると、コンピュータの特定機能が無効化され操作が制限される、またはデータファイルが暗号化され利用できなくなる等の被害を受け、これらを感染前の状態に戻すことと引き換えに金銭の支払いを要求する画面が表示されます。ユーザが実際に「身代金」を支払い、暗号化されたファイルに再びアクセスできるようになったケースも確認されています。

感染経路としては、一般的なウイルスと同様に、本文中のURLのクリックや添付ファイルを開くことによるメールからの感染、改ざんされたWebサイトの閲覧での感染等が考えられます。

ランサムウェアへの対策としては、ウイルス対策や不正サイトへのアクセス防止、脆弱性のアップデート等の基本的なセキュリティ対策に加えて、感染してしまった場合に備え、重要なファイルは定期的にバックアップを取得し、暗号化された際にも復元できるようにしておくことが重要です。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲