main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
NAT(Network Address Translation)
NAT(Network Address Translation)とは、グローバルIPアドレスプライベートIPアドレスを1対1対応でデータ変換する機能のことです。
ルータやゲートウェイに搭載されている機能の1つで、インターネットで使用するグローバルIPアドレスと社内LANなどで使用するプライベートIPアドレスを関連づけて、プライベートIPアドレスを持つコンピュータからインターネットを使用できるにようにデータ変換(アドレス変換)する機能です。
これにより、グローバルIPアドレスを持っていないコンピュータからインターネットを使用することができます。
しかし、NATでは1つのグローバルIPアドレスに対して、1つのプライベートIPアドレスへの変換にしか対応していないので、複数の社内コンピュータから同時にインターネットを使用することはできません。
現在では、1つのグローバルIPアドレスを複数のプライベートIPアドレスから利用できるようにしたNAPTIPマスカレードが一般的に使用されます。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲