main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
NAPT(Network Address Port Translation)
NAPT(Network Address Port Translation)とは、1つのグローバルIPアドレスを複数のプライベートIPアドレスから利用できるようにしたデータ変換機能のことです。
ルータやゲートウェイに搭載されている機能の1つで、インターネットで使用する1つのグローバルIPアドレスを使って、社内にあるプライベートIPアドレスが割り振られた複数のコンピュータから同時にインターネットへ接続するためのデータ変換機能です。
インターネットの通信には、コンピュータの場所を示すグローバルIPアドレスとデータをやりとりするためのポート番号が使われます。
この両方を変換することで、1つのグローバルIPアドレスでのインターネット通信を複数のコンピュータから可能にします。
通信を開始するとき、社内側のどのプライベートIPアドレスとポート番号からの通信であるかをルータは記憶し、データ対応のテーブルを作成します。このテーブルに記憶された情報を元に、ルータはインターネットから返されるデータを社内側のどのコンピュータに返せばよいのかを判断して通信を実現します。
現在、インターネット接続に使用するほとんどのルータにはNAPT機能が搭載されています。
NAPT機能のことをIPマスカレードと呼ぶことがあります。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲