main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
迷惑メール関連法
迷惑メール関連法とは、迷惑メールに関する法律で、主に2002年7月1日に施行された「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」のことです。
迷惑メールに関する法律としては「電気通信事業法」(1984年施行)や「特定商取引に関する法律」(1976年施行)、更に「日本国憲法」も挙げられますが、一般的に「迷惑メール関連法」と言った場合には、2002年7月1日に施行された「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」を指します。一般的にこの法律は「特定電子メール法」「特定電子メール送信適正化法」「迷惑メール防止法」などとも呼ばれています。

この法律は、広告メールの送信を規制し、いわゆる「迷惑メール」の送信者を取り締まることを目的としています。以前は、受信を拒否した相手以外であれば誰にでも広告メールを送信してよいという「オプトアウト」が採用されていましたが、2008年の改正により、同意を得た相手以外への送信を禁じる「オプトイン」が採用されています。他にもこの法律では、送信者情報の詐称禁止や、違反者に罰金100万円(2008年の改正により法人の場合は3000万円)を課すことなどが定められています。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲