main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
強制アクセスコントロール(Mandatory Access Control)
強制アクセスコントロール(Mandatory Access Control)とは、セキュリティを考慮して作成されたOS(セキュアOS)に搭載された機能の一つです。
ファイル、デバイスなどに対して強制的にアクセスをコントロール(Mandatory Access Control)することです。

通常のOSでは、アクセス権限を与えられた利用者は、自ら管理できるアクセス対象に対して、アクセス権限を変更することができます。しかし、強制アクセスコントロールではセキュリティ管理者のみがアクセス権限を持っており、アクセス権限を与えられた利用者、システム管理者にはアクセス権限を変更することができません。不正アクセスによって、管理者権限を奪われても、利用者に与えられているアクセス権限を変更することができないので、高いセキュリティレベルを確保することができます。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲