main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
マクロウイルス(Macro Virus)
マクロウイルス(Macro Virus)とは、コンピューターウイルスの一種で、ワープロソフトや表計算ソフトが提供しているマクロ機能を使って作られた、コンピューターウイルスです。
利用者の多い、マイクロソフトの「ワード」や「エクセル」に感染するマクロウイルスが多く作られています。その特徴として、ウイルスの一部が変更された亜種が多いことが挙げられます。マクロウイルス自身がマクロ機能を使って作られているために、ウイルスの構造を知ることができ、簡単に書き換えられることが原因の1つとなっています。

マクロウイルスによる感染の被害を防止するために、メーカーも製品の改良を重ねており、マクロウイルスによる感染は減少しつつあります。マクロウイルスによる感染を予防するには、ウイルス対策ソフトウエアが有効です。
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲