main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)
LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)とは、インターネット上のアドレス帳サービスのような役割を果たす、ネットワーク上でユーザーのメールアドレスやプリンタなどの必要情報を検索するディレクトリサービスのためのプロトコルです。
LDAPサーバでネットワーク資源(プリンタ情報、ネットワークを利用するユーザーの組織情報、利用可能なサーバと提供しているサービス)やユーザー、そのユーザーの属性をデータベースとして一元管理していると、LDAPクライアントからLDAP サーバに接続して必要な内容に関する処理要求を検索することができます。

LDAPサーバで、ユーザー情報やネットワーク資源を一括管理することによって、LDAPサーバは単にネットワークにログインするためのユーザーアカウントの管理だけではなく、プリンタや組織情報、ユーザーの住所や電話番号、メールアドレスなどをLDAPクライアントから照会することを可能にします。

LDAPは、国際基準の分散ディレクトリサービスであるX.500で規定されているDAP (Directory Access Protocol)プロトコルの簡易版として機能していることから、X.500 Liteと呼ばれることもあります。

▲  このページのトップに戻る  ▲