main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
レーベルゲート(Label Gate)
レーベルゲート(Label Gate)とは、ソニーミュージックエンタテイメント(SME)の提唱により開発されたコピーコントロールCDCCCD)の一種です。
レーベルゲートCDには、コピーコントロールCDと同様のプロテクトが施されており、ほとんどの音楽CDプレーヤーで再生できますが、音飛び防止装置付きプレーヤーやCD-R/RWの再生に対応したプレーヤー、カーナビなどでは再生できない場合があります。

コピーコントロールCDとの相違点は、コンピュータ上で再生するための暗号化された音楽データも同時に記録されており、専用の「MAGIQLIP」というソフトウェアで再生することができます。しかし、レーベルゲートCDのMAGIQLIPはインターネットを通じて著作権管理する構造だったので、コンピュータで再生するためには必ずインターネットに接続する環境が必要でした。この点を改良して、現在ではレーベルゲートCD2になり、MAGIQLIP2を使ってレーベルゲートCDのディスクから再生するだけであれば、インターネットへの接続が必要なくなりました。

レーベルゲートCDからコンピュータに音楽データをコピーするときは、インターネットへの接続が必要です。初回はコピーを無料でできますが、次回以降は1曲200円×収録曲数分の料金がかかります。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲