main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
冗長化(Redundancy)
冗長化(Redundancy)とは、複数の設備を用意しておき、1つの設備が故障しても他の設備がサービスを続行できるようにした構成のことです。
ハードウェアには故障がつきものです。またソフトウェアについてもどのような事態が起こり停止してしまうかもしれません。
そこで、同じ機能を持った設備などを複数用意しておき、1つの設備が故障したり利用不能になった場合でも、他方の設備が同じサービスを続行できるようにすることを冗長化と呼びます。
たとえば、WWWサーバを2台以上用意して冗長化すれば、1つのWWWサーバが故障した場合にもサービスを提供することができます。
またサーバに限らず、インターネット接続回線の冗長化やサーバ電源の冗長化、ハードディスクの冗長化など、さまざまな機能やサービスが冗長化されています。
さらに、WWWサーバなどを冗長化することでアクセスが集中したときに、アクセスをいくつかのWWWサーバに分散させてレスポンスが悪くなることを軽減することもできるようになります。これを負荷分散と呼びます。
冗長化の一手法として、全く同じ機能を持った2つの機器で構成することを二重化と呼びます。

▲  このページのトップに戻る  ▲