main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
JNSA(Japan Security Network Association)
JNSA(Japan Security Network Association)とは、ネットワーク・セキュリティシステムに携わる企業が結集して、ネットワーク・セキュリティの必要性を社会にアピールし、かつ、諸問題を解決していくために設立された協会です。
JNSAは、一般の人々に対し、ネットワーク・セキュリティに関する啓発、教育、調査研究及び情報提供に関する事業を実施することによって、ネットワーク・セキュリティに関する標準化の推進と技術水準の向上に寄与し、もって公益の増進に寄与することを目的としています。

JNSAには活動内容に応じてさまざまな部会があります。例えば、基準・ガイドラインの策定や他団体との連携などを検討する政策部会、成果物を作成するワーキンググループ活動等の技術部会、ネットワーク・セキュリティ技術者の育成のために教育カリキュラムの検討やユーザー教育の在り方についての調査・検討等を行なうマーケティング部会や教育部会等です。各部会のワーキンググループ活動で作成された成果物は、インターネット上に公開されています。

なお、JNSA は2001年5月に特定非営利活動法人 (NPO)として認可されています。

また、多くのセキュリティベンダやSIerが参加する業界団体としての性格をもちます。
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲