main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
IETF(Internet Engineering Task Force)
IETF(Internet Engineering Task Force)とは、インターネットに関する技術仕様の標準化を推進し策定する機関です。
IETFは、コンピュータシステムを相互に接続することを目的として、共通の技術仕様策定を議論する集団から発展した組織で、ここでまとめられた文書は文書RFCと呼ばれています。

IETFの技術標準化の議論は、ワーキンググループ(WG)を単位にして推進されています。 IETFにおける技術仕様策定の特徴は、ラフコンセンサス(Rough Consensus)とランニングコード(Running Code)です。
まず、大まかな仕様を作成し、それから相互接続実験や実運用を通じて、工夫や改善を加えながら仕様を実装していくという、非常に柔軟な仕様策定プロセスです。

IETFへの参加は個人単位になっていて、参加者は自由にIETFのミーティングやメーリングリストでの議論に参加することができます。

IETFの技術仕様は、RFC(Request For Comments)という名前で文書化され保存されて、インターネットで参照することができます。
RFCとして標準化されるまでのプロセスは、下記のとおりです。

・Internet-Draftを投稿する
・6ヶ月間IETFのFTPサーバやWEBサーバに置かれる
・個人もしくはWGがインターネットに有用と判断すると、RFCにするようにIESG (Internet Engineering Steering Group:標準化に関する責任を負うグループ)に申請する
・申請が承認されると、ドキュメントには番号が割り当てられて、公式にIETFのFTPサーバやWEBサーバから恒常的に参照可能なドキュメントとなる
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲