main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
ハニーポット(Honey Pot)
ハニーポット(Honey Pot)とは、不正アクセスに関する技術的な情報収集を目的に設計された「おとり」のシステムです。
ハニーポットは本物のシステムに類似した別のシステムを稼動させ、ネットワーク経由でアクセスされた場合に本物のシステムのように振る舞います。ハニーポットに侵入者がアクセスすると、行動を監視。記録を開始すると同時に、ハニーポットのシステム管理者に知らせます。侵入者の行動を分析することで、未知の不正アクセス技術を見つけ出し、セキュリティ対策に役立てることができます。

ハニーポットを導入する組織では、不正侵入に耐える体制づくりが求められます。何故なら、ハニーポットに侵入した者を放置した場合、他のシステムへの踏み台に利用される危険性があるからです。ハニーポットは一つのシステムですが、不正侵入者同士のコミュニケーションを掌握するため、「おとり」をネットワークにまで広げたタイプを「ハニーネット」と呼んでいます。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲