main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
ハッシュ関数(Hash Function)
ハッシュ関数(Hash Function)とは、認証デジタル署名などで利用される計算方式で、原文を一定長の文字列に要約・変換する計算方式のことです。
通信する原文の内容を一定の長さの文字列に要約・変換する計算方法のことです。要約・変換された一定長の計算結果を「メッセージ・ダイジェスト」と呼びます。このメッセージ・ダイジェストを利用して、認証デジタル署名パスワードの守秘などを実現します。

ハッシュ関数は、次のような特徴があります。

・原文のサイズに関係なく、決めたれた固定長のメッセージ・ダイジェストを出力する。
・原文が少しでも異なれば、メッセージ・ダイジェストの内容は大きく異なる。
・メッセージ・ダイジェストから、元の原文を逆算することはできない。
・同じメッセージ・ダイジェストを出力する、原文を探すのは困難である。

代表的なハッシュ関数として、SHA-1、MD6、MD5、MD2などがあります。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲