main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
攻撃の準備として、ネットワーク上に存在している個人や企業・団体などの情報を収集すること
マイクロソフト社から配布されている修正プログラムに使用されている技術で、修正プログラムをインストールする際に、現在インストールされているファイルの一部を修正すること
マイクロソフト社から配布されている修正プログラムに使用されている技術で、修正プログラムをインストールする際に、現在インストールされているファイルを新しいファイルに置き換えること
情報共有のため、ネットワークを使い複数台のコンピュータから1つのファイルにアクセスすること
外部から内部ネットワークへの不正なアクセス、また内部から外部ネットワークへの情報漏洩などを防ぐことを目的とした装置のこと
フィッシャー
金融機関などを騙ったWebサイトやメールによって、そのユーザIDやパスワードなどを入力させ、盗み出そうとする詐欺のこと
濾過するしくみ、つまり特定のものだけを通過させるための装置で、この言葉がセキュリティ分野で使われる場合はセキュリティ強化を目的として、特定の何かだけを通過させるフィルタリング機能のこと
電子メールの内容やデジタル証明書などが改ざんされていないことを証明するデータのこと
フォレンジック
コンピューターセキュリティインシデントの原因究明や証拠発見などを行うための電子情報の分析およびその技術的手法のこと
緊急事態における事業継続に際して復旧を優先される業務の順位
送信者の身元を隠ぺいすることを目的に、第三者のサービスを許可なく利用する方法
コンピューターを使って、許可されていないシステムにアクセスすること
コンピュータの不正使用を禁止する法律
不正侵入検知システム
IDS
不正アクセスする者が、犯人を探す者に探知されないために使用する中継点となるマシン
総当り攻撃とも呼ばれるパスワードを解読する手法の1つ
ホームページに仕組まれた罠の一種
分散型サービス拒否攻撃
物理アドレス
プログラムのパフォーマンスを向上させることを目的とし、プログラム内の対象物(オブジェクト)をプール(pool)に蓄積して、必要時にプールからオブジェクトを取り出して利用し、不要時にはプールにオブジェクトを戻すという技術
プリンシパル
「他人の干渉を許さない、各個人の私生活上の自由」(広辞苑)のことですが、現在は「自己情報コントロール権」として自己の情報をコントロールする権利
個人情報保護に対する取り組みや方針を表明した外部向け文書
私生活上の事実や事実らしく受け取られるおそれがある内容を公開する事によって、人を不快にしたり、不安にさせる
組織における個人情報の取扱いに関する指針を文書(電子文書を含む)としてまとめたもの
プライバシーステートメント
日本工業規格における個人情報に関する規格のこと
限られたLANでTCP/IPを使用して通信する機器に割り当てられている一意なIPアドレスのこと
インターネットでプライバシーや著作権の侵害があった場合の通信事業者や掲示板管理者などが追うべき損害賠償責任の範囲や発信者情報の開示を請求する権利を定めた、2002年5月27日施行の「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」のこと
プロバイダ責任法

▲  このページのトップに戻る  ▲