main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
FTP PASV(File Transfer Protocol PASV)
FTP PASV(File Transfer Protocol PASV)とは、FTPでデータ転送するとき、クライアント側からデータ転送用の接続をする方式のことです。
FTP(File Transfer Protocol)は、大量のデータをクライアントとサーバの間で転送するために利用されています。

FTPでは、制御用として21番ポート、データ転送用として20番ポートを使用して通信されます。通常のFTP接続では、制御用の通信はFTPサーバに接続したクライアント側からサーバに向けて通信が開始されます。これに対して、ファイルを転送するためのデータ通信はサーバ側からクライアントに向けて通信が開始されます。

しかし、ファイアウォールを設置しているときは、インターネット側からの接続はすべて遮断するのが基本になるので、FTPでのデータ転送をするためにサーバ側からクライアントへの接続要求が送られてきてもファイアウォールにより遮断されてしまい、データを転送することができませんでした。

そこで、データ転送時にもクライアント側からサーバに向けて通信を開始するのがPASVモードです。このため、ファイアウォールの内側から開始された通信であるため、ファイアウォールを越えてのデータ通信が可能になります。

FTPクライアントは、PASVモードに対応しているものと、そうでないものがあります。また、ファイアウォールにFTP転送ができるような設定がされているときは、PASVモードを使用しないでも通信できる場合があります。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲