main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
フィンガープリント(Finger print)
フィンガープリント(Finger print)とは、電子メールの内容やデジタル証明書などが改ざんされていないことを証明するデータのことです。
フィンガープリントとは、通信路の途中でメッセージが改ざんされていないことを証明するデータのことで、実体はハッシュ値と呼ばれるものです。電子メール、デジタル証明書などのメッセージをハッシュ関数とよばれる関数で処理すると固定長の乱数となり、これをハッシュ値といいます。このハッシュ値から元のメッセージを復元することはできず、また同じハッシュ値を持つ異なるメッセージを作成することは困難とされています。
この性質を利用しメッセージをハッシュ関数にかけて得られたハッシュ値と、別の方法で入手した同じメッセージのハッシュ値を比較することにより通信路などでメッセージに対して改ざんが行われたかどうかを確認できます。

電子メールのデジタル署名の場合は、送り手がメッセージのフィンガープリントを暗号化デジタル署名として受け手に送ります。受け手は、受け取ったデジタル署名を復号化したフィンガープリントと、メッセージに対して行ったハッシュ関数によるフィンガープリントを照合することにより送り手と受け手のメッセージの同一性を確認することができます。なお、フィンガープリントは日本語では「指紋」の意味となります。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲