main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
Feistel型(Feistel)
Feistel型(Feistel)とは、ブロック暗号の代表的な型の一つです。
代表的なブロック暗号形式にはFeistel型とSPN型があります。
ブロック暗号とは、不定長の平文を先頭から順に一定の長さのブロックに区切って、ブロック単位で暗号化及び復号を行う形式のことです。

Feistel型は、「左右に分けたブロックデータの一方をF関数で変換し、他方のサブブロックデータとXORする」という処理を、左右のサブブロックを置き換えて繰り返していきます。この型は、DES方式をはじめ多くの暗号方式で採用されています。

SPN型は、すべてのデータに対して同時に換字(文字コードを何文字ずらす)処理と転置(文字順を入れ替える)処理を行います。この型は比較的新しく、AES方式などで採用されています。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲