main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
DRM(Digital Rights Management)
DRM(Digital Rights Management)とは、デジタル・コンテンツの著作権を保護するしくみや技術の総称です。
デジタル・コンテンツとは、テキスト、音楽、静止画、動画、などのデジタルデータで表現されたすべてのものを意味します。
デジタルデータは複製及び配布がされやすいことから、著作権者の関知しないところで、デジタル・コンテンツが流通してしまう危険があります。
そこで、デジタル・コンテンツを正しく利用する意識の定着とともに、流通するデジタル・コンテンツの著作権を保護し、なおかつ著作権者へ対価が正しく支払われるしくみが不可欠です。

DRMを実現するには、音楽、静止画、動画、などのデジタルデータに暗号化を施し、再生時に正式な利用者であることを確認するしくみなどが必要になります。
例えば、動画や音楽データをインターネットで購入する際にライセンスキーが発行され、実際に再生する際には、そのライセンスキーを確認するしくみや電子透かしの技術により著作権の所在を明確にする技術などが挙げられます。
これにより、正しく著作権が利用されていることを管理できるようになり、著作者の権利を保護することができます。
DRMの代表的な製品としては、マイクロソフト社の「Windows Media Digital Rights Management」やIBMの「Electronic Media Management(EMMS)」などがあります。

デジタル・コンテンツの著作権を保護するためには、上記のようなしくみや技術のみならず、著作権法などの法的側面の充実や、モラル・倫理といった教育的側面も大変に重要です。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲