main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
電子透かし(Digital Watermarking)
電子透かし(Digital Watermarking)とは、画像や動画、音楽などのマルチメディアデータに、通常の視聴では判別できないような形で著作権情報などを埋め込む技術の総称です。
紙幣では、光に透かすと人物や建物が浮かび上がるなどの透かし技術が使われています。これと同じように、デジタルデータであるマルチメディアデータでは、特定のプログラムにより作成者名や作成日などの情報を埋め込んで、著作権の所在を明確にするため使われる技術が電子透かしです。

電子透かしでは、通常の視聴では内容がわからないように埋め込まれるのが特徴で、元データの品質をできるだけ低下させることなく、さまざまなデータを埋め込むことができます。また、電子透かしの入ったデータを一部分切り出したり、加工しても埋め込んだデータが失われないように工夫されています。これにより、不正にコピーされたマルチメディアデータを発見した場合は、電子透かしの情報を表示することで著作権侵害を実証することができるようになります。

DRMデジタル著作権管理)で用いられる技術のひとつです。
関連用語

▲  このページのトップに戻る  ▲