main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
デジタル署名(Digital Signature)
デジタル署名(Digital Signature)とは、情報が正当な発信者から発信され、受信者に届くまでに改変が行われていないことを確認する手法です。
電子メール、電子商取引に使用されます。通常、公開鍵暗号方式が使用され、発信者は発信するメッセージをメッセージダイジェストにして秘密鍵で暗号化したデジタル署名とともに送ります。受信者は、メッセージダイジェストと受信したメッセージから作り出したメッセージダイジェストを比較し、同じであれば改ざんされていないと判断します。

デジタル署名による一連の流れは自動的に処理され、利用者には作業の負担をかけません。デジタル署名を採用する場合は、事前に発信者と受信者の間で、暗号アルゴリズム、公開鍵の交換などを取り決めておく必要があります。電子商取引では、さらに信頼性を確保するために、電子認証局に関する情報(認証局自身の名称、有効期限)、ハッシュアルゴリズム、デジタル署名の有効期限などの情報が付加されます。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲