main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
DH(Diffie-Hellman)
DH(Diffie-Hellman)とは、DiffieとHalmanにより考案された鍵交換アルゴリズムのことです。
DHは、1976年に、Whitfield Diffie氏とMartin E. Hellman氏によって考案されました。

共通鍵暗号方式では、暗号化と復号の両方に使う共通鍵の情報を、送信者と受信者の双方が秘密に共有する必要があります。安全でない通信経路を使って、事前にこの共通鍵を安全に相手に渡す方法が問題でした。

DHでは、離散対数問題に基づいた一方向性の関数を利用して、共通鍵そのものではなく、共通鍵から計算した公開情報(配送鍵)を送受信します。たとえ公開情報を第三者に盗聴されても、盗聴者が離散対数問題を解けない限り、直ちに共通鍵を知られることはなく、安全に共通鍵情報を交換することができます。

ただし、Man in the Middle攻撃などにより、通信経路上の情報改変が可能な場合、その安全性は低くなります。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲