main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
電子署名法
電子署名法とは、正式には「電子署名および認証業務に関する法律」です。
2001年4月1日に施行されました。電磁的記録の情報に本人による一定の電子署名が行われているときは、真正に成立したものと推定する規定で、対象を私文書に限定しています。電子署名法によって、電子署名が手書きの署名や押印と同等に通用する法的基盤の整備ができました。つまり、電子署名を行った者が本人であること、署名した内容について改変が行われていないかの確認が法的に可能となりました。

電子署名法の施行によって、認証業務のうち一定の基準を満たすものは、総務大臣、経済産業大臣及び法務大臣の認定を受けることができる制度が導入され、電子認証、電子証明書など特定認証業務が認定されています。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲