main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
DDoS攻撃(Distributed Denial of Service Attack)
DDoS攻撃(Distributed Denial of Service Attack)とは、複数のマシンから特定のシステムに対して大量のデータを送りつけ、サービスを遅延、停止させる可用性を狙った攻撃です。
DDoSとは、Distributed Denial of Serviceの略です。DoS攻撃が1台のマシンから行うのに対して、DDoS攻撃は事前に準備した複数台のマシンから一斉に攻撃します。攻撃対象はDoS攻撃と同じく、TCP/IPプロトコルやOSのセキュリティホール、提供しているサービスが狙われます。セキュリティパッチを適用することが予防策として挙げられます。また、DDoS攻撃ではネットワークの負荷も大きくなるため、ネットワークを太くする、負荷分散装置(ロードバランサー)を導入する等の防御策があります。

攻撃側は、事前に複数のマシンに侵入し、攻撃用のプログラムを仕掛けていることが、過去の事件から確認されています。
関連用語
関連情報

▲  このページのトップに戻る  ▲