main
用語辞典索引 index
大規模災害年表
CORBA(Common Object Request Broker Architecture)
CORBA(Common Object Request Broker Architecture)とは、異なる機種のコンピュータ間で分散的なネットワークシステム環境を構築するための仕様です。
CORBA とは、共通の呼び出し規約に従って動作するソフトウェアの部品(オブジェクト)をネットワーク上の複数のコンピュータに配置して、そのオブジェクトを連携動作させることによりシステムを構築する手法(分散オブジェクト)の技術です。
CORBAによって、プログラミング言語やプラットフォーム、ネットワークプロトコルに依存しない基盤をアプリケーション開発者に提供されます。異機種異言語相互運用性がCORBAの最大の特徴です。

CORBAは、業界団体であるOMG(Object Management Group)の制定するOMA(Object Management Architecture)と呼ばれる概念を基盤とします。OMAは以下の3要素により構成されます。

■ORB (Ojbect Request Broker)
ORBはCORBAの最も基本となる要素で、オブジェクトバスと呼ばれる
ORBによって、ネットワーク上に分散した各オブジェクトはローカル、あるいはリモートのオブジェクトに対して透過的にアクセスすることが可能

■CORBA サービス
CORBAサービスとは、ほとんどのアプリケーションで必要とされるシステムレベルのサービスの集合で、ORBの機能を拡張し、補う
・ネーミングサービス(オブジェクトに対し名前でアクセスする)
・イベントサービス(オブジェクト間のイベント送受信を行なう)など

■CORBA ファシリティ
CORBAファシリティとはCORBAサービスよりも抽象度が高く、アプリケーションに近い上位のサービス群で様々なアプリケーションに適用可能な水平型と、特定の産業分野(ドメイン)に特化した垂直型の2つに分類される

▲  このページのトップに戻る  ▲